自分で脱毛する方法

毛を剃る
・カミソリは手軽ですが、肌へのダメージが大きいとされています。
・電気シェーバーは肌への負担は少ないですが、深剃りができません。
・トリマーは産毛など細い毛に向いています。

毛を抜く
・毛抜きは、抜いた毛はしばらく生えてこない反面、毛穴へのダメージが大きいです。
・ワックスや脱毛テープは、広範囲の毛を一度に抜くことができますが、毛穴・皮膚に大きな負担が掛かります。
・電動毛抜きは、毛をスピーディーに抜いてくれますが、毛穴のトラブルが多く、埋もれ毛ができやすいです。

毛を焼き切る
・熱線式の除毛器は、肌の上を滑らせると熱線が毛を焼き切る機械です。
・ヒートカッターは、Vライン(ビキニライン)のはみ出し部分を熱線でカットします。

薬剤を使う
・除毛は、毛を溶かす薬剤です。毛はキレイに処理できますが、肌に大きな負担が掛かります。
・脱色剤は、毛の色を抜いて薄くする薬剤です。毛が伸びると根元が黒い、肌への負担が非常に大きいなどデメリットが多いです。
・抑毛剤は、毛の成長を緩やかにしたり、毛を細くすることができます。効果に個人差があります。

自分で脱毛するなら