女の尻トレ

【ヒップアップしたい女性必見】これさえやれば間違いなし!オススメお尻トレーニング “TOP10”

【自宅で簡単、ジム不要】ゴムバンドを使ったヒップアップ エクササイズ BEST10

自分で脱毛する方法

毛を剃る
・カミソリは手軽ですが、肌へのダメージが大きいとされています。
・電気シェーバーは肌への負担は少ないですが、深剃りができません。
・トリマーは産毛など細い毛に向いています。

毛を抜く
・毛抜きは、抜いた毛はしばらく生えてこない反面、毛穴へのダメージが大きいです。
・ワックスや脱毛テープは、広範囲の毛を一度に抜くことができますが、毛穴・皮膚に大きな負担が掛かります。
・電動毛抜きは、毛をスピーディーに抜いてくれますが、毛穴のトラブルが多く、埋もれ毛ができやすいです。

毛を焼き切る
・熱線式の除毛器は、肌の上を滑らせると熱線が毛を焼き切る機械です。
・ヒートカッターは、Vライン(ビキニライン)のはみ出し部分を熱線でカットします。

薬剤を使う
・除毛は、毛を溶かす薬剤です。毛はキレイに処理できますが、肌に大きな負担が掛かります。
・脱色剤は、毛の色を抜いて薄くする薬剤です。毛が伸びると根元が黒い、肌への負担が非常に大きいなどデメリットが多いです。
・抑毛剤は、毛の成長を緩やかにしたり、毛を細くすることができます。効果に個人差があります。

自分で脱毛するなら

脱毛

女性器整形専門クリニック

女性器整形は日本ではまだほとんど知られていません。しかし、アメリカやイギリス、韓国などでは女性器整形は注目の的です。本田ヒルズタワークリニックは日本初の女性器整形(婦人科形成)専門クリニックです。

「女性器の悩み」外来 本田ヒルズタワークリニック
本田昌毅 著書の特設サイト「女性器革命」

便秘になる理由

「女性のほうが便秘になりやすい」といわれますが、厚生労働省のデータによりますと、10歳代から40歳代の間、女性の便秘の率は男性の3倍以上であるとがわかっています。

なぜ女性は便秘になりやすいのでしょうか? 主に黄体ホルモンの影響ではないかと考えられています。女性の生理に関わっている女性ホルモン「黄体ホルモン」は大腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑制する働きがあることが知られています。生理中は便秘になりやすいという女性が多いのはこのためです。また黄体ホルモンは体内の水分量を維持するよう促す作用があります。黄体ホルモンの分泌量が増えると、大腸での水分吸収が活発になり、便に残る水分量が減るのです。このため、便が排出しにくくなるのです。

ダイエット法のひとつに水飲みダイエットがありますが、減少した便の水分量を補い排便を促すことで便秘解消効果もありますので、便秘気味の方はぜひ取り入れてみて下さい。

便秘解消!おそうじ酵母
カイテキオリゴでスッキリの声!

便秘

大澤美樹の皮絡リンパマッサージ法「ヒラクアップ」でバストアップ!

どんな人でもバストアップは可能です。自分のバストに自信を持つためには、正しい知識を持ってバストアップに取り組む事が必要です。乳腺マッサージだけではバストは大きくできません。バストアップに必要なのは、体を根本からバストアップできる状態にする体質を変える内側からのケアです。自然にバストが大きくならない体質ならば、バストアップできる体質に変えてあげればいいのです。

ヒラクアップ~大澤先生からのメッセージ~

成功者続出!ヒラクアップでバストアップ